インスタ映えしそう!南海電鉄「めでたいでんしゃ」 水色車両は、海の生き物でいっぱい

印刷

   南海電鉄は2017年10月7日、加太線で運行している観光列車「めでたいでんしゃ」に水色の車両を投入する。区間は和歌山市駅~加太駅間で、11月30日まで。

   内装、外装ともかわいらしいとして、「インスタ映えする」「乗りたい!!」とネット上で話題になっている。

  • 水色の「めでたいでんしゃ」
    水色の「めでたいでんしゃ」
  • 車内のイメージ図
    車内のイメージ図
  • つり革の取っ手は、魚やカニ、貝の形をしている
    つり革の取っ手は、魚やカニ、貝の形をしている
  • ピンク色の「めでたいでんしゃ」
    ピンク色の「めでたいでんしゃ」

「海の生き物がいっぱい。楽しい仕掛けもいっぱい」

   南海電鉄が運行を開始する水色の「めでたいでんしゃ」は、水色の外装にうろこの模様を施し、青系統で統一した内装には、「海の生き物」を散りばめている。つり革の取っ手は、魚やカニ、貝の形をしており、ロールカーテンの絵柄は、まるで魚群が泳いでいるよう。2016年4月から運行しているピンク色の「めでたいでんしゃ」を土台としている。ピンク色の「めでたいでんしゃ」は、「加太の鯛」と加太の神社「淡嶋神社」の縁結びをイメージしたものだ。

   ツイッターなどネット上では、以前から

「地元で走ってる電車がメチャメチャ可愛かったよ」
「ピンクの外観はもちろん車内もめちゃくちゃ可愛かったです」

と人気を博していたが、「水色」の運行も決まるとさらに

「加太線の『めでたいでんしゃ』っていうの可愛い。10月7日から、またデザイン変わるらしんだけど、それもまたデザインが凝ってて可愛い」
「水色のめでたいでんしゃとか楽しみすぎる」
「めでたいでんしゃブルーバージョンのパンフ。つり革(さかな、カニ、貝)可愛い...」
「インスタ映えする青めでたいでんしゃ」

と話題を呼んだ。

   同社は9月27日付の報道発表で「水色の『めでたいでんしゃ』の中には、かわいい海の生き物がいっぱい。楽しい仕掛けもいっぱい。『愛めでたい』がいっぱい詰まった電車です」としている。

   運行は日によって異なるが、1日10本前後。詳しいダイヤは公式サイトから。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中