Googleついに「ほんやくコンニャク」を作ったか? 「未来が手元にくる時代」と大コーフン

印刷

   米Googleが発表した新型ワイヤレスイヤホン「Google Pixel Buds(グーグル・ピクセル・バッズ)」が自動翻訳機能を備えており、ネットで「ほんやくコンニャクか?」と話題になっている。

  • グーグルの公式サイトから
    グーグルの公式サイトから

40言語のリアルタイム翻訳

   米Googleは2017年10月4日(現地時間)、米サンフランシスコで開催したイベントで「Pixel Buds」を発表した。「Pixel Buds」は、新型スマートフォン「Pixel 2」と同期すると、会話のリアルタイム翻訳機能を発揮する。

   たとえば、日本語と英語の話し手で会話するとしよう。自らの日本語が翻訳された英語が「Pixel 2」のスピーカーから流れ、「Pixel 2」のマイクが拾った相手の英語は、日本語で「Pixel Buds」から流れる。全部で40の言語に対応しており、海外のレストランで注文したり、外国人から道案内を頼まれたりしても心配要らなくなる。

   一方、日本のインターネット上では、こうした自動翻訳機能がアニメ「ドラえもん」の「ひみつ道具」、「ほんやくコンニャク」に似ているとして、

「グーグルほんやくコンニャクで翻訳家の仕事なくなりそう」
「皆言ってるらしいがこれぜってー『ほんやくコンニャク』だわ」
「ほんやくコンニャク欲しかったけど、未来が手元にくる時代になったのか」
「ドラえもんのほんやくコンニャクだな!精度が問題だが???」

といった声が上がっている。

   「ほんやくコンニャク」は、見た目こそコンニャクそのものだが、これを食べると、外国語を自国語として聞き取れるようになり、話し言葉も自動的に話し相手の言語に翻訳されるため、言葉の通じない相手と会話できるようになる。

   「Pixel Buds」の価格は、159ドル。北米やイギリスなど6か国で11月に発売するという。ただ、日本は発売予定地域に含まれていない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中