「Astell&Kern」エントリーモデルが進化、デュアルDAC採用「AK70 MKII」

印刷

   パソコン用周辺機器などの代理店事業を手がけるアユート(東京都文京区)は、韓国iriverの「Astell&Kern(アステル・アンド・ケルン)」ブランドから、デジタルオーディオプレーヤー「AK70 MKII」を2017年10月14日に全国の家電量販店および直販サイト「秋葉原e市場」などで発売する。

  • クラスを超えたプレミアムな性能と音質
    クラスを超えたプレミアムな性能と音質

上位モデルに迫る機能や性能

   前モデルからアンプ部を強化したほか、シーラス・ロジック製DAC(デジタル・アナログ・コンバーター)「CS4398」×2のデュアルDAC構成を採用。上位モデル「A&ultima SP1000」の設計思想を踏襲し、高出力化と低歪・高S/Nを両立するなど、エントリー向けながら上位モデルに迫る機能や性能を備えるという。

   PCM最大384kHz/32bit(ネイティブ再生は192kHz/24bitまで)、DSD128(5.6MHz/1bit)のCDを超える超解像度「ハイレゾ音源」再生に対応。通常のヘッドホン端子に加え、2.5ミリ/4極のバランス出力端子を搭載する。

   DLNAネットワーク機能「AK Connect」を備え、ストリーミング再生やスマートフォンからの遠隔操作が可能だ。USB AUDIOデジタル出力機能を搭載し、DSDファイルはDoP伝送方式に対応。プレーヤー本体から楽曲を直接購入できる「ストア機能」を備える。

   タッチ対応の3.3型(480×800ドット)TFTディスプレイ、内蔵ストレージ容量は64GB、microSD/SDHC/SDXCカード(最大256GB)スロットを搭載。高音質コーデックaptX HDをサポートするBluetooth 4.0、IEEE 802.11 b/g/n準拠の無線LANを内蔵する。

   カラーはNoir Black。

   直販価格は7万9980円(税込)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中