2019年 5月 27日 (月)

ピカソやダリ、ガウディたちが生きたカタルーニャ地方を知る

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!
trend_20171023111757.png

   10月1日、スペイン東部のカタルーニャ自治州で、独立を争点とした住民投票が行われ、独立を訴える賛成派が圧勝。しかし、16日には独立への手続きを2か月間凍結する方針も発表された。中央政府と自治州政府の対立、繰り返し行われるデモなど、カタルーニャで今何が起こっているのか? 今回は、その構図を読み解くスペインの歴史や魅力がわかる3冊を紹介する。

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチhttp://www.j-cast.com/bookwatch/)」でも特集記事を公開中。

地中海を舞台に繰り広げられた華麗な歴史ドラマ

『物語 カタルーニャの歴史―知られざる地中海帝国の興亡』(著者:田沢耕 中央公論新社)
『物語 カタルーニャの歴史―知られざる地中海帝国の興亡』(著者:田沢耕 中央公論新社)

   スペインを代表する画家、ピカソやダリが生き、ガウディの建築がそびえ立つバルセロナ。この街を中心に、いまもスペイン随一の繁栄を誇るカタルーニャは、かつてイタリアや遠くギリシャまで、地中海全域を支配した大帝国だった。『物語 カタルーニャの歴史―知られざる地中海帝国の興亡』(著者:田沢耕 中央公論新社 842円)は、時代の中心だった中世から、混乱をへながらも再生への努力を続ける現代までをたどる通史。

   「カタルーニャの誕生」「栄光への助走」「『征服王』ジャウマ一世」「地中海の覇者」「停滞、そして凋落」「その後のカタルーニャ」の全6章でカタルーニャの歴史の全貌がわかる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中