2019年 11月 14日 (木)

4K TVで美しくスムーズな描画でゲームを楽しめる「Xbox One X」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   日本マイクロソフトは、ゲーム機「Xbox One X(エックスボックス・ワン・エックス)」を、2017年11月7日に全国のゲーム販売店で発売する。

  • 4K描画やロード時間の短縮など、よりゲームに没入できる
    4K描画やロード時間の短縮など、よりゲームに没入できる

発表時点のコードネームロゴを配したスペシャルエディション

   従来モデル「Xbox One」と比べ大幅に性能を向上し、4K TV環境での美しくスムーズな描画でゲームを楽しめるほか、ロード時間も短縮されるなど、より没入感のあるプレイが可能だという。

   「Xbox One」用ゲームおよび周辺機器、マルチプレイヤー・ネットワーク「Xbox Live」をそのまま利用できる。

   メモリーは12GB、内蔵ストレージは1TB HDD(ハード・ディスク・ドライブ)。光学ドライブは4K UHDブルーレイ。ギガビット有線LAN、IEEE802.11ac準拠の無線LANを搭載。

   インターフェイスは、USB 3.0×3、HDMI×2(2.0b、1.4b各1)、S/PDIF光デジタル音声出力、赤外線レシーバー/赤外線ブラスター端子など。

   Xboxワイヤレスコントローラー×1、ハイスピードHDMIケーブル、電源コード、オンラインマルチプレイを楽しめる「ゴールド メンバーシップ」14日間体験版の利用コード、単3形乾電池×2が付属する。

   そのほか、16年の発表時点のコードネーム「Project Scorpio」ロゴ、ドットパターンによるグラデーションを施したスペシャルデザインの本体、同ロゴを中央に配したコントローラー、縦置きスタンドを同梱した「Xbox One X Project Scorpio(プロジェクト・スコーピオ)エディション」を同時発売する。

   参考価格はいずれも4万9980円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!