「4K HDR」対応 臨場感ある大画面映像を楽しめるホームシアタープロジェクター

印刷

   ソニーは、ホームシアタープロジェクター「VPL-VW745」を2017年12月9日に発売する。

  • 迫力ある美しい4K HDR映像を自宅で心ゆくまで堪能できる
    迫力ある美しい4K HDR映像を自宅で心ゆくまで堪能できる

独自のレーザー光源「Z-Phosphor」内蔵

   独自のディスプレイデバイス「ネイティブ4K SXRDパネル」を搭載し、「4K HDR(ハイ・ダイナミックレンジ)」に対応、家庭で臨場感ある大画面の映像を楽しめる。

   データベース型超解像処理LSI(リアリティークリエーション)により、コンテンツに合わせてデータベースから最適なパターンを照合・分類し、よりきめ細かな4K映像信号を生成。またHD信号も4K映像に変換可能なほか、3Dコンテンツも4K解像度で楽しめる。

   青色レーザーと蛍光体を組み合わせ、豊かな光量2000ルーメンを実現した独自のレーザー光源「Z-Phosphor」を内蔵し、「ネイティブ4K SXRDパネル」との組み合わせで高輝度と高コントラストを両立。

   奥行き約496ミリと従来モデルより約40%コンパクト化し、棚や天井吊りの際の設置性に配慮。消耗部品の交換は約2万時間不要で、長期使用できるという。

   カラーはブラック。

   価格は170万円(税別)。

   また、普及価格モデルながら、上位モデル同様「ネイティブ4K SXRDパネル」やデータベース型超解像処理LSIを搭載し、本格的な4K HDR映像を楽しめる「VPL-VW245」を10月21日に発売する。

   カラーはブラック、プレミアムホワイトの2色。

   価格は55万円(同)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中