2018年 10月 23日 (火)

「お茶の水、大勝軒」の復刻版カツカレーライス、カレーGPで販売へ!

印刷

   東京・神田にある「お茶の水、大勝軒」は、2017年11月4日・5日に千代田区神田小川町で行われる「神田カレーグランプリ2017」決定戦の会場で、「復刻版カツライスカレー」を限定販売する。

  • 復刻版カツカレーライス
    復刻版カツカレーライス

細かいパン粉でカラッと

   1951年に東京都中野区で創業した大勝軒は、中華系のメニューだけでなく、カレーライス、オムライス、カツライス、カツ丼など、「町中華」の食堂として様々なメニューを提供していくようになった。

   ご飯の上にトンカツをのせたワンプレートの「カツライス」は人気メニューのひとつだった。

   大勝軒の「カツ」は、トンカツ屋のカツというより蕎麦屋のカツに近いもので、細かいパン粉でカラッと揚げている。

   正式な品書きにはないものの、お客からのリクエストがあれば何にでも応える「山岸スタイル」から生まれた「裏メニュー」だった。

価格は、500円。

   詳しくは公式サイトまで。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中