「ラップトップ」や「タブレット」など4つのモードで使える マイクロソフト「Surface Book 2」

印刷

   日本マイクロソフトは、ノートパソコン(PC)「Surface Book(サーフェス・ブック) 2」を2017年11月16日に発売するのに先だち、11月9日から予約受付を始める。

  • 「Surface Book」さらにパワフルになって新登場
    「Surface Book」さらにパワフルになって新登場

CPUやGPU、メモリー、ストレージ容量を選べる4モデルをラインアップ

   10点マルチタッチ対応の13.5型「PixelSense」ディスプレイを搭載。ノートPCスタイルの「ラップトップ」、ディスプレイを取り外して「タブレット」、折りたたんで「スタジオ」、反転して取り付ければ「ビュー」、シーンに合わせて4つのモードで使用できる。

   インテルの第7、第8世代「Core」プロセッサー(CPU)を搭載したほか、NVIDIA「GeForce GTX 1050」グラフィックプロセッサー(GPU)を選択可能。ダイヤル型デバイス「Surface Dial」のオンスクリーン利用や、4096段階の筆圧と傾きを検知する最新の「Surfaceペン」など別売オプションに対応する。

   OSは「Windows 10 Pro Creators Update」(64bit)をプレインストール。既存のUSB Type-Aポートに加え、同シリーズでは初だというUSB Type-Cポートを搭載したのに伴い、VGAやHDMIへの変換アダプターを17年中に発売する予定とのことだ。

   CPU「Core i7」搭載モデルは、VR(仮想現実)・AR(拡張現実)・MR(複合現実)を楽しめる「Windows Mixed Reality Ultra」認定PCだという。

   CPU「Core i5」、メモリー8GB、内蔵ストレージ256GB SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)、インテルHDグラフィック搭載モデルが18万5800円(税別)。CPU「Core i7」、メモリー16GB、内蔵ストレージ1TB SSD、GPUがNVIDIA「GeForce GTX 1050」搭載モデルが36万7800円(同)まで、全4モデルをラインアップする。

   なお、米国のみで同時発売される15型モデルの日本国内での発売時期は未定とのことだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中