「こいつデキる」と思われるメニューは? 居酒屋ではコレを頼め!

印刷

   「適当に頼んどいて」――このセリフに戦々恐々とするビジネスマンは多いだろう。

   部下や同僚との飲み会であれば、気を使わずに好きなメニューを注文できる。だが、上司や取引先ではそうはいかない。

   お酒であれば、「とりあえずビール」で済むものの、メニューに「正解」は無い。飲み会は胸筋を開いて語り合うチャンスでもあるが、注文を「ミス」すれば評価を下げることにも(?)。いったい、何を頼めば好印象を与えられるのか。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

さっぱり系がGOOD

   ネットの掲示板で2017年10月31日、

「飲みの席で『コイツできる』と思われる注文メニュー」

とのスレッドが立った。

   書き込まれたメニューを見ると、つまみ類は、

・酢モツ
・なめろう
・エイヒレ
・ホヤ
・梅水晶
・ナスの煮浸し
・チーズの味噌漬け
・モツ煮込み
・アヒージョ

などが挙げられた。ことし5月、「フライドポテトを頼んだら上司に怒られた」という投稿が話題になったが、やはり揚げ物系を推薦する声は少なく、さっぱりとした肴が中心を占めた。

注文前にはヒアリング、リサーチを

   おかず系は、肉料理よりも魚料理がおススメのようだ。

・金目鯛の煮付け
・ニシンの塩焼き
・ホッケ
・アジフライ
・炙りしめさば

   その他、上級テクニックとして、「ヒアリング」も紹介されていた。注文前に、同席者から好き嫌いを聞いたり、店員からオススメのメニューを教えてもらったり――こうしたちょっとした努力が、評価アップにつながるかもしれない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中