炎上騒動から閉園へ...「自虐」CMのスペースワールド「最後にもう1度、思い出を」

印刷

   2017年12月31日で閉園するテーマパーク「スペースワールド」(福岡県北九州市)のテレビCMが、「冴えすぎですねw」「閉園に近づくに向けてどんどん神懸かって来てる」と話題を呼んでいる。

   2017年秋のCMでは、5000匹の魚を氷漬けにしたスケートリンク企画での「炎上」をパロディ化したようだ。「今年は何と...普通のスケートリンク」との切れ味鋭いナレーションで、視聴者の心をつかんでいる。

  • スペースワールドのCM「昨年はすみませんでした篇」の1コマ(画像は、同園の公式YouTubeチャンネルから)
    スペースワールドのCM「昨年はすみませんでした篇」の1コマ(画像は、同園の公式YouTubeチャンネルから)

「今年は何もいない、とちゃんと伝えたかった」

   同園は1990年に宇宙をテーマとする遊園地として開園し、2005年に経営破綻を経験するも復活を遂げた。しかし、2016年12月16日、「諸般の事情により」と17年12月末の閉園を発表。ネットは当時、閉園を惜しむ声に包まれた。

   2016年11月には「炎上」騒動もあった。スケートリンクに5000匹の魚を埋め込む企画が、「悪趣味だ」「残酷だ」と批判を浴びる。謝罪文の掲載、ならびに企画の中止に追い込まれた。

   しかし同園はそんなトラブルさえ飲み込み、世間の評価を一変させる。

   「なくなるヨ!全員集合」とザ・ドリフターズのコント番組をパロディにし、「なくなるYO!」とラップ風に告知するなど、「自虐的」なテレビCMを次々と打ち出し、「これは笑うしかないw」「観ててほっこりする」と話題をさらった。

   そして2017年秋――。新CM「昨年はすみませんでした篇」では、何と1年前の「炎上」騒動をパロディ化した。「スケートの季節です。今年は何と...普通のスケートリンク」。スケートリンクでこんなナレーションが流れ、父と母、子ども3人のある家族が

「今年は、何もいません」

とカメラ目線で声を合わせる、というオチまで付いている。

   同園を運営するジャパンパーク&リゾート(福岡県北九州市)の広報担当者は、11月9日のJ-CASTトレンド編集部の取材に

「今年は何もいない、ということをちゃんと伝えたかった」

とCMの意図を説明した。

「本当に閉園するの?」スペースワールドの担当者は...

   同園は2017年秋、新CM「最後にもう一度あいましょう篇」も公開、こちらも反響を呼んでいる。15秒版のテレビCMで、高齢の女性がベンチに腰掛けているシーンから始まる。だが、テレビ画面の文字はというと......

「30秒なのに15秒の広告枠を買ってしまいました。完全版はウェブでご覧ください」

   CMはあくまでもウェブへ誘導するのみ、何もその他のメッセージを伝えていない。スペースワールドの公式サイトでは、確かに完全版の動画を公開しているが、1分24秒のロングバージョンだった。このテレビCMは、「福岡県と近隣の県」で11月3日から12日まで放送中だという。

   同園のこうした視聴者をクスッとさせる演出には、ツイッターなどインターネット上で

「冴えすぎですねw」
「閉園に近づくに向けてどんどん神懸かって来てる」
「スペースワールドのスケートリンクのCM、自虐すぎて好き」
「webで続きを見なければ。あと、なんとしても今年中にスペースワールド遊びにいかないと」

などの声が殺到している。もはや「炎上」騒動の余波など、どこかへ吹き飛んでいったかのよう。「なんだか本当に閉園するのか疑わしくなってきますねw」との声すら上がっている。

   J-CASTトレンド記者がこの反響を伝えると、担当者はうれしそうに笑い声を上げた。ただ、

「終わらない(閉園しない)ということはありません。これは既定路線で、我々もウソだったらいいな...と思っています。『閉店商法』と言われるかもしれませんが...こればかりは如何ともしがたいですね」

とポツリ。

「最後にもう1度、思い出を作りに来ていただきたい」

と述べた。

「今後、明らかになる予定です」と含みも

   担当者は一方、記者に意味深な言葉も残した。「こうした自虐的ともいわれるCMを作る理由は?」とたずねた時、

「今後、明らかになる予定です」

と含みを持たせたのだ。

   さらに先のCM(15秒版)については、

「もう少ししたら、ネット上でも公開する予定です。楽しみにしていてください」

と語っていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中