女性の約4割が夫から「暴力」の経験 生命の危機を感じたことも

印刷

   婚姻経験者の4人に1人は配偶者から暴力を受けた経験があることが2017年11月17日、日本労働組合総連合会(連合)の調査でわかった。

   連合は10月26日~27日、18歳から69歳の男女を対象にWebアンケートを実施し、1000人から回答を得た。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

身体的暴力より心理的攻撃

   調査によると、婚姻経験者の31%が配偶者からの暴力を受けたことがあると回答。男女別では、男性26%、女性37%だった。

   暴力の種類別では「心理的攻撃」(24%)、「身体的暴力」(14%)、「経済的圧迫」(13%)、「性的強要」(9%)となった。

   交際中ならどうか。交際相手からの暴力の場合、「心理的攻撃」(12%)、「性的強要」(8%)、「身体的暴力」(7%)、「経済的圧迫」(7%)という結果に。女性の24%、男性の10%がいずれかの暴力を受けていた。

「配偶者や交際相手などからの暴力により、生命の危機を感じたことがあるか」

との質問では、18%が「ある」と回答。特に「身体的暴力」は47%もの人が命の危機を感じていた。

自分に価値がない存在だと感じてしまう

   こうした被害により、4人に1人が

「仕事のやる気がなくなったり、ミスやトラブルが多くなったりした」

と答えている。

   そのほか、10人に1人は自分に価値がない存在だと感じてしまったり、仕事を辞めてしまった経験があった。

   また、暴力について誰かに相談したものの「具体的な対応に進まなかった」という人は39.3%で、「適切に対応してくれた」(38.5%)を上回った。

   中には、相談相手からネガティブな反応が返ってきた経験がある人もおり、

「『相談しても解決しない』『仕方がない』など相談そのものに消極的な対応を取られた」(14%)、
「『あなたのせいではないのか?』『あなたも悪いのではないか』など相談者に責任があるようなことを言われた」(5%)

など、看過できない回答が得られた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中