バックパックのように背負えるVR対応ワークステーション

印刷

   日本HP(ヒューレット・パッカード、東京都江東区)は、ウェアラブルワークステーション「HP Z VR Backpack G1 Workstation(エイチピー・ゼット・ブイアール・バックパック・ジーワン・ワークステーション)」を2017年11月下旬に発売する。

  • ハイエンドな性能をバックパックのように着られる
    ハイエンドな性能をバックパックのように着られる

ドッキングステーションに取り付ければハイエンドデスクトップWSにも

   VR(バーチャルリアリティー=仮想現実)の可能性を余すところなく発揮できるよう開発したという、安全で管理性に優れた着用可能なワークステーション。危険な環境や医療訓練、重量やサイズの大きい装置の操作などのシミュレーション体験や、安全で効果的な研修などに適するという。

   ハーネスに装着してバックパックのように背負えば、仮想空間を自由に動いて没入体験を得られる。また付属の「ドッキングステーション」に取り付ければ、管理性に優れたハイエンドなデスクトップワークステーションとしても活用可能だ。

   人間工学に基づいたバックパック型設計とホットスワップ対応のデュアルバッテリーを備える。インテル「Core i7 vPro」プロセッサー、NVIDIA「Quadro P5200」グラフィックプロセッサーを搭載し、ストレスなくVRを使用できる。

   OSは「Windows 10 Pro」(64bit)をプレインストール。メモリーは32GB、内蔵ストレージは512GB SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)。光学ドライブは非搭載。IEEE802.11ac対応の無線LAN、Bluetooth 4.2をサポートする。

    価格は58万円(税別)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中