2018年 9月 24日 (月)

水切りも保存もできる「とうふ一丁容器」 豆腐好きへ贈る便利グッズ

印刷

   小久保工業所(和歌山県海南市)は、「とうふ一丁容器」を2017年12月1日に発売する。

  • すのこは取り出す際にも役立つ
    すのこは取り出す際にも役立つ

1センチ刻みの目盛りも

   豆腐一丁がすっぽり入る容器。豆腐を入れておくだけで、内側に付いた水切りすのこで自然に水切りができる。しっかり水切りしたい場合は数時間を要するが、軽い水切りであれば30分~1時間程度で終わるという。

   豆腐が浸かるまで水を入れて、毎日水を入れ替えれば、豆腐の保存容器としても使用可能だ。また、すのこを引き上げるだけで取り出せるので、崩すことなく料理に使える。すのこは広げてまな板として使用することもでき、1cm刻みの目盛りも付いている。

   参考価格は480 円(税抜)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中