BOOKウォッチ「憲法特集」連載の第3弾 憲法、法律、規則...法令を「大樹」にたとえたら?

印刷

   新刊や隠れた良書を紹介する書籍専門サイト「BOOKウォッチ」では、2017年9月から、特集「いま、憲法を考える ~憲法や憲法改正の参考になる本の特集~」を公開している。

   憲法改正のニュースが注目を集めつつある今、早めにチェックしておきたい内容ばかりだ。

  • 大樹の幹と枝葉――国法体系・憲法秩序
    大樹の幹と枝葉――国法体系・憲法秩序

我が国の法秩序の全体像について

   11月20日には、憲法特集の目玉企画、戸松秀典学習院大学名誉教授による連載「憲法―散歩をしながら考える」の第3回「大樹の幹と枝葉」が公開された。

   各論に入った第2回「二院制と参議院改革」に続き、今回は、我が国の法秩序の全体像について触れる。

   「大樹の幹と枝葉」では、憲法を頂点に法律、規則など多くの法令が存在している日本の法形式について、その全体像を大樹にたとえて解説。一言では言い難い法と法の関係は、なぜ、森や林ではなく、大樹なのか。戸松名誉教授が考えたその訳も、記事の中で語られている。

   詳細は公式サイトから。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中