2018年 7月 16日 (月)

辛党に告ぐ! 唐辛子が主役の「KaRaKo」、大宮にオープン

印刷

   2017年11月24日、大宮駅東口に和食料理屋の唐辛子キッチン「KaRaKo」がオープンした。

   カプサイシンで美容効果も期待できると言われている「唐辛子」を主役としたレストランだ。

  • 「辛さの中にも美味しさがある」ことにこだわった「KaRaKo」オープン
    「辛さの中にも美味しさがある」ことにこだわった「KaRaKo」オープン
  • KaRaKoの豚辛しゃぶ鍋
    KaRaKoの豚辛しゃぶ鍋
  • スパイシー旨辛チキン
    スパイシー旨辛チキン
  • 獅子唐と豆腐の生姜風味サラダ
    獅子唐と豆腐の生姜風味サラダ
  • 「カプサイシンアイス」
    「カプサイシンアイス」
  • 大葉と唐辛子入りの焼酎「金魚」や唐辛子を漬け込んだ「唐辛子梅酒」
    大葉と唐辛子入りの焼酎「金魚」や唐辛子を漬け込んだ「唐辛子梅酒」
  • 店内の様子
    店内の様子

お酒も唐辛子

   「辛い料理」が中心の飲食店だが、「ただ辛い」だけでなく「辛さの中にも美味しさがある」ことにこだわっている。

   もちろんメニューは唐辛子がいっぱい。

   「KaRaKoの豚辛しゃぶ鍋」(880円)は、唐辛子のほか、免疫力向上や冷え症改善に効果があると言われる「紅ナツメ」を使用。生姜等を使用した薬膳のスープに、しゃぶしゃぶ用の薄切り豚肉やレタスをつけて食べる。

   「スパイシー旨辛チキン」(680円)は、ハバネロソースとにんにくを使用。スタミナ満点のソースにメイソンジャーを振って唐揚げを食べる。

   デザートだって唐辛子だ。「カプサイシンアイス」(380円)は、バニラアイスに荒刻みの唐辛子を混ぜたもの。甘さの後にやってくる唐辛子の刺激にハマりそう。

   料理だけでなく、お酒も唐辛子。大葉と唐辛子入りの焼酎「金魚」や唐辛子を漬け込んだ「唐辛子梅酒」(480円)、チリハイボール、チリトマトハイ( 各480円)など、ユニークなドリンクがそろう。

   お通しで、辛さを軽減できる「ヨーグルトドリンク」が提供されることと、辛さを選べる料理もあるので、自分にあった辛さを堪能しよう。

   場所は、埼玉県さいたま市大宮区大門町1-67豊栄ビル2F。 詳しくはグルメサイトまで。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中