2018年 12月 19日 (水)

スマホの音楽を高音質化、Bluetoothストリーミング再生にも対応したデジタルオーディオプレーヤー

印刷

   音響関連機器などの輸入販売を手がけるフロンティアファクトリー(東京都千代田区)は、米「Acoustic Research」製のデジタルオーディオプレーヤー「AR-M200」を2017年12月8日に発売する。

  • 本機でのローカル再生に加え、スマホの音楽の高音質ワイヤレス再生も
    本機でのローカル再生に加え、スマホの音楽の高音質ワイヤレス再生も

4.4mm5極アンバランス「Pentaconn」、USB Type-Cなど次世代コネクター対応

   アルミ製ボディにプレミアムDAC(デジタル・アナログ・コンバーター)「AKM AK4490」、フルバイアス・シングルエンドのClass Aヘッドホンアンプを内蔵し、温かみのあるスムーズなサウンド再生を楽しめる。CDを超える高解像度「ハイレゾ音源」対応で、192kHz/24bitまでのネイティブ再生が可能だ。

   入出力インターフェイスは、3.5ミリ・アンバランス端子に加え、4.4ミリ5極のバランス接続コネクター「Pentaconn」、高速データ転送が可能なUSB Type-Cポートを装備する。

   スマートフォンとペアリングしてストリーミング再生できる「Bluetoothレシーバーモード」を搭載。スマートフォンに保存した音楽を内蔵DACやヘッドホンアンプで高音質化して楽しめるほか、「aptX HD」コーデック対応デバイスでは、さらなる高音質再生が可能だ。

   2.5型(240×320ドット)IPS液晶ディスプレイを搭載。メモリーは32GB、microSDXCカード(最大256GB)対応。バッテリー容量は1700mAhで、約3時間の充電で最大約7.5時間の駆動が可能。

   直販サイト「フロンティアファクトリー・ダイレクトストア」での価格は5万9184円(税込)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中