楽天ヒット番付17発表! 注目は「おいり」「ズバゲッティ」「黄色スカート」...

印刷

   楽天は2017年11月28日、今年を象徴するキーワードを番付化した「楽天市場 ヒット番付 2017」を発表した。

   キーワードを代表する商品には、「ニンテンドークラシックミニ」「Go Pro」といった納得のアイテムから、「おいり」「ズバゲッティ」など、知る人ぞ知るものまでランクインした。

  • (左から時計回りに)「電球ソーダ」「ハーバリウム」「おいり」
    (左から時計回りに)「電球ソーダ」「ハーバリウム」「おいり」
  • 「ズバゲッティ」
    「ズバゲッティ」
  • (上から時計回りに)「冬の花火」「男性化粧品」「12月の水着」
    (上から時計回りに)「冬の花火」「男性化粧品」「12月の水着」

安室効果で「ニーハイ熱」再燃

   番付は、楽天市場の検索・購買データや、SNSでの言及数をもとに選出された。

   東の横綱には、SNSでの話題度をもとにした消費が若者に定着したとして「ゆとり世代のタイムライン消費」がノミネート。

   具体的な商品として、映画「ラ・ラ・ランド」のヒロインのワンピースから火がついた「黄色スカート」や、保存液入りのボトルで植物を長期間楽しむ「ハーバリウム」、アイスのトッピングなどに使われるカラフルな米菓子「おいり」などが挙げられた。

   西の横綱には、「アラフォー世代のアルバム消費」が選出。アラフォー世代が過去のアルバムをめくり郷愁を感じるように、青春時代を呼び起こす商品が複数ヒットしたという。

   例えば、90年代に流行した「NIKEエアマックス95」や「スーパーファミコン」、「たまごっち」の復刻版が人気を博した。また、歌手の安室奈美恵さんの引退宣言をきっかけに、「ニーハイブーツ」も売れ始めているそうだ。

   そのほか、編みやすさが特徴の極太糸「ズバゲッティ」が代表するように、「手軽さ」が注目されたとして「ずぼらハンドメイド」(東小結)などが選ばれた。

来年はこれが流行る!大予想

   それでは、2018年にはどんな商品がヒットするのか。楽天市場のトレンドハンター・清水淳さんは、以下の2つを挙げた。

   1つは、夏の「おせち」や冬の「水着」、お年玉ならぬ「お盆玉」が今年からじわじわと売れ始めているとして「季節逆転アイテム」と予測する。

   2つ目が「男女『逆転』アイテム」だ。「メンズ化粧品」やユニセックスのアパレル品など、性別の垣根を越えた商品に熱視線を送る。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中