見た目は普通...だけどめちゃくちゃ温かい 「1200D」タイツに女子驚愕!

印刷

   婦人服メーカーのアルモワ(東京・渋谷区)が販売する「タイツ」に、女性たちがあっけにとられた。

   一見するとごく普通のタイツだが、「1200」という数字が注目を浴びている。

  • 「Bobon21」公式ツイッターより
    「Bobon21」公式ツイッターより
  • デニール別での見た目の比較(福助の公式サイトより)
    デニール別での見た目の比較(福助の公式サイトより)

「120の間違いでは?」

   アルモアが展開する自社ブランド「Bobon21(ボボンニジュウイチ)」が2017年11月22日、公式ツイッターで新発売のタイツを紹介した。

   ツイートでは、商品画像とともに「こんなタイツ見たことある?」と投げかけ、

「薄いタイツに見えるけど、実は★1200D★の超あったかいタイツ」

と「1200D」を強調している。

   当該ツイートは12月1日時点で2万7000リツイートと大きな反響を呼び、

「1200ってさすがにおかしくないですか????120の間違いでは?」
「いよいよタイツも1200デニールの時代か」

と衝撃を受けた女性が少なくなかった。

ストッキング大手でも最大「450D」

   男性読者には何がすごいのかおわかりだろうか。

   D(デニール)とは、繊維の太さ(重さ)を表す単位だ。数字が大きくなればなるほど、 生地が厚くなり透け感が減る。

   大手靴下メーカー・アツギのブランドサイトによると、同社では30デニール未満を「ストッキング」、30デニール以上を「タイツ」と定義。冬の寒い時期には80デニール以上の厚手のタイツを推奨している。

   アツギで取り扱うタイツの最大デニールは「450D」。同じく靴下・ストッキング大手の福助では、公式通販サイトを確認する限り「240D」が最大。いかに「1200D」が驚嘆に値するかがわかる。

   さらに、あえて透け感をだすためタイツの裏面は肌色になっている。着用しても薄いタイツに見えるよう工夫されている。

   ブラックの1色のみ展開で、サイズはM~Lの1サイズ。価格は2200円(税別)。公式通販サイトで発売中だ(12月1日時点では売り切れ)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中