2018年 6月 22日 (金)

お菓子にもAI 人工知能が選んだ「AIトッポ」の新フレーバーとは

印刷

   ロッテグループが、AI(人工知能)を使って新商品を開発した。

   その名も「トッポ<カラマンシー>」。韓国の8万件余りの食品関連インターネットサイトに掲載された約1000万件の情報を収集。その膨大なデータから、露出頻度や関連性、今後拡散が予想される勢いのある素材・味を項目別に分析し、消費者が好んでいたり、人気を呼ぶ可能性があるチョコレート向けの素材を導き出した。

   それが、「カラマンシー」という味だ。

  • カラマンシーってどんな味?
    カラマンシーってどんな味?

数量、期間限定

   日本人にあまりなじみがない「カラマンシー」だが、実は東南アジア、特にフィリピンでポピュラーな柑橘類だ。

   柑橘類特有の爽やかな香りに加え、強い酸味とほんのりスパイシーな香りが特徴。果実は、キンカンやシークワーサーに似た直径2.5~4.5センチ程度の球体で、料理の味付けやジュースの原料として広く利用されている。

   このAIが「当たる」と踏んだ「トッポ<カラマンシー>」は、2017年12月22日10時から、ロッテオンラインショップ限定で発売。1500セット限定なのでお早目に。

   通常のトッポと比べ、太さ 約1.6倍、重量約2倍と、食べごたえバツグン。味わい濃厚トッポと同じ太さと重量だ。

   早くもツイッターでは、

「食べてみたい」
「かぼす系なのかな?」
「明後日から発売のAIトッポ食べたい」

など、期待を寄せる声があがっている。

   価格は10個入りで2700円。

   購入、詳細は公式サイトから。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中