2020年 1月 19日 (日)

脳を活性化させる休日の過ごし方→「デートです」 非リア「どうすれば...」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   脳が活性化する休日の過ごし方は――「デートです」。

   テレビの教育バラエティ番組でこんなやり取りが放送され、恋人のいないネット民から「相手がいない人はどうすれば...」「彼氏が欲しい!」とのため息がもれている。

  • 脳の活性化に効果的?
    脳の活性化に効果的?

昼間に脳を活性化させることが重要

   2017年12月16日放送の「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)は、「今年わかった16の新常識SP」と題し、「料理」「音楽」「スポーツ」などジャンルごとの「新常識」をランキング形式で紹介した。

   9位の「睡眠」で取り上げたのが、米国のスタンフォード大学が提唱して「2017ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート作品となった「睡眠負債」だ。

   言葉の意味は、睡眠不足も借金と同様、「返済」できないと利子が膨らみ、脳と体が「自己破産」してしまう――というもの。同大学の研究によれば、日本人の約4割は、1日の睡眠時間が6時間を下回り、これは世界一短いという。

   番組では、杏林大学の古賀良彦名誉教授が「週末に『寝だめ』するのは、生活リズムを崩すため、逆効果になってしまう。週末の夜にいかに深く眠るか、がポイントになる」と指摘した。

   番組のナレーションは「夜深く眠るためには、昼間にたくさん脳を活性化させることが重要です」と説明し、

「ここで問題です。脳が活性化する休日の過ごし方は?」

と視聴者に質問した。

「正解は、デート」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!