「住みたい田舎ランキング」にネット大モメ 北九州って「修羅の街」いいや「いいとこだよ!!」

印刷

   月刊誌『田舎暮らしの本』(宝島社)2月号(2018年1月14日発売)の「18年版住みたい田舎ベストランキング」をめぐり、ネット上で賛否両論あがっている。

  • 今年の北九州氏の成人式も「大盛り上がり」のようだ(写真はツイッターの画像欄のスクリーンショット)
    今年の北九州氏の成人式も「大盛り上がり」のようだ(写真はツイッターの画像欄のスクリーンショット)

山梨県北杜市、福岡県北九州市が1位

   「住みたい田舎ベストランキング」は、2013年にスタート。移住者数や自然の豊かさ、医療、子育てなど194項目を自治体にアンケートし、回答を数値化してランキング形式で発表する。今回は671市町村が参加した。

   人口10万人未満の「小さなまち」と10万人以上の「大きなまち」でランキングを分け、前者は、若者や子育て世代のサポートが評価された「山梨県北杜市」が、後者は「福岡県北九州市」が1位に輝いた。

   北九州市の北橋健治市長は、

「北九州市は人口95万人の比較的大きな都市でありながら、物価も不動産も安く、豊かな自然にも囲まれたどの世代にとっても住みやすいまちです」

とコメントしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中