2018年 6月 22日 (金)

雪見桜風呂、花見蟹会席... 花づくしの青森旅行「春色に染まる滞在プラン」

印刷

   星野リゾート 界 津軽(青森県大鰐町)は、「春色に染まる滞在プラン」等を2018年3月1日から提供する。期間は企画によって異なる。

  • 春のよろこびいっぱいの青森旅
    春のよろこびいっぱいの青森旅

花づくしの津軽文化を体感

   桜酵母と弘前産リンゴの「弘前シードル」をウェルカムドリンクとして提供する。宿泊部屋は、さくら色のこぎん刺しアイテムを揃えた「津軽こぎんの間」。日中は桜茶や和菓子を嗜み、夕食後はライトアップされた桜を眺めながら地酒を味わう。毎晩開催される津軽三味線の演奏は、迫力満点の音色を間近で体感できるという。2日目には津軽の伝統的な刺繍であるこぎん刺しも体験可能だ。料金は4万5000円~。

   また、4月1日から5月31日までは、青森に春を告げる食材「とげくり蟹」を使った春の特別会席が食べられる。刺々しい殻と栗のような甘さが特徴の蟹で、地元では「花見蟹」とも呼ばれているという。地元の代表的な食材「大間まぐろ」や和牛とともに、青森の贅を尽くした夕食を楽しめる。料金は2万6000円~。

   さらに、3月1日から5月31日までは雪見桜風呂も用意する。冬から春にかけては、りんごの甘い香りを楽しめる「りんご湯」を実施。4月は切り桜を、5月にはりんごの切り花を眺める花見風呂を提供し、雪や桜にちなんだ酒もふるまわれる。

   価格はいずれも1泊2食付きで税込。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中