2018年 6月 21日 (木)

これは欲しい!ロシアの指輪型「Suica」 「魔法使いみたい」「すごくSF」と好評

印刷

   ロシア・モスクワ市の地下鉄で2017年10月から、「指輪型」と「リストバンド型」のIC乗車券が試験的に導入された。

   2タイプともに限定500個で販売され、発売後数時間で完売した。

  • 「指輪型」(モスクワ地下鉄公社のフェイスブックより)
    「指輪型」(モスクワ地下鉄公社のフェイスブックより)
  • 「リストバンド型」(モスクワ地下鉄公社のフェイスブックより)
    「リストバンド型」(モスクワ地下鉄公社のフェイスブックより)

価格は少しお高め?

   それぞれにはICチップが埋め込まれており、日本のIC乗車券「Suica(スイカ)」や「PASMO(パスモ)」同様、改札機の読み取り部分にかざして使用する。

   地元メディアによると、モスクワ市内を走る地下鉄で使われているIC乗車券「Troika(トロイカ)」の代わりとして製作され、セラミック素材のリングは16号、22号の2サイズで価格は2200ルーブル(約4300円)。ラバー素材のリストバンドはフリーサイズで、価格は450ルーブル(約885円)。

   日本でも注目を集めており、ツイッター上では

「魔法使いみたいだ」
「すごく良い!すごくいいっす!やっぱロシアの人々の発想、すごくSFしてて素晴らしい!」

といった反応があがった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中