2018年 6月 24日 (日)

「Nintendo Labo」発売で蘇る「Let's Tap」 「いつもSEGAは10年早いねん・・・」

印刷

   任天堂は2018年4月20日、家庭用ゲーム機「Nintendo Switch(スイッチ)」と組み合わせて遊ぶ段ボール製のキット「Nintendo Labo(ラボ)」を発売する。ダンボールにスイッチの本体やコントローラーをはめ込めば、ピアノを演奏したり釣りざおのリールを巻き取ったりバイクに乗ったり......とリアルな操作を体験できる。

   こうしたアナログとデジタルを組みあわせたゲームは過去にも発売されてきたが、いずれも大ヒットとまではいかなかった。はたしてラボは受け入れられるのか――。

任天堂の公式YouTubeチャンネルより
任天堂の公式YouTubeチャンネルより

段ボールの鍵盤を叩くと......

   発売するのは、5種類の工作キットが入った「バラエティキット」(税別6980円)と、ロボットのパーツを作れる「ロボットキット」(同7980円)。バラエティキットには、「リモコンカー」「つり」「おうち」「バイク」「ピアノ」の5種のキットがある。

   プレイヤーはまず、段ボールでコントローラー「Toy-Con(トイコン)」を制作し、スイッチとトイコンを連携させる。たとえば「ピアノ」なら、段ボールの鍵盤を弾くだけで和音が鳴り響き、「つり」なら段ボールのリールを巻き取るだけで魚釣りのドキドキを味わえる、というわけだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中