2019年 5月 24日 (金)

編集者は、マイルドヤンキーに駆逐される...だと? 落合陽一協力「シンギュラリティ駆逐度診断」が異次元

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   求人情報サイト「マッハバイト」を運営するリブセンス(東京都品川区)は2018年1月24日、「シンギュラリティ駆逐度診断」を特設サイトで公開した。人工知能(AI)が人間の能力を超えるとされるシンギュラリティ(技術的特異点)によって、今ある仕事がどれくらいの確率でAIに置き換えられるかを診断できる。

   「人間側」としては実に恐ろしい試みだが、実際に試してみると......。

  • 特設サイトより
    特設サイトより
  • 特設サイトより
    特設サイトより

コピーライターは友達により駆逐される

   診断は、筑波大学学長補佐・准教授で実業家の落合陽一氏(設定では落AI陽一)協力のもと、制作された。

   ユーザーが任意の職業を打ち込むと、落合氏の知能が搭載されたというコンピューターが駆逐度を算出し、理由とともに提示する。

   百聞は一見にしかず。試しに「コピーライター」で試すと、

「コピーライターは、友達により88.9%駆逐されます」

と謎めいた結果が表示された。解説を読むと、将来的にAIがキャッチコピーを大量生産するようになり、

「コピーライターの執筆意欲はSNSで発散されるようになります。やがてSNSにあふれるコピーライターの長文投稿にうんざりした友達は、いっせいに彼らをブロックします」

   どうやらウィットに富んだ(?)論理から算出されており、「ネタ」色が強い診断ツールのようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中