2018年 8月 16日 (木)

カープが主催ゲームのビジター席を分割 ファンから「ありえない」と批判相次ぐ

印刷

   プロ野球団・広島東洋カープが2018年1月25日、同球団主催の2018年度公式戦からDeNA戦・中日戦・ヤクルト戦において、「ビジターパフォーマンス」席を分割して、カープファン・ビジターファンのどちらも応援可能な一般席を設けることを発表した。

   この発表を受け、同球団への批判の声が相次いでいる。

  • 2018年シーズンからビジターパフォーマンス席が分割される(画像は「広島東洋カープ」公式サイトより)
    2018年シーズンからビジターパフォーマンス席が分割される(画像は「広島東洋カープ」公式サイトより)
  • 分割イメージ(画像は「広島東洋カープ」公式サイトより)
    分割イメージ(画像は「広島東洋カープ」公式サイトより)

ビジター席にもカープファンが流入

   25日、2018年度公式戦のカープ主催ゲームにおいて、これまで対戦チームのファン(ビジター)が応援していた席「ビジターパフォーマンス」(約1670席)が、「ビジターパフォーマンス席」(ビジター専用の指定席)と「3塁側パフォーマンス席」(一般指定席)に分割されることが発表された。

   対象となるチームは、横浜DeNAベイスターズ、中日ドラゴンズ、東京ヤクルトスワローズの3球団だ。

   「ビジターパフォーマンス席」は、これまで同様にカープのユニフォームの着用、カープの応援グッズ等を使用しての応援が禁止されている。一方「3塁側パフォーマンス席」は、内野・外野指定席などの一般席と同様、どちらのチームのユニフォーム、グッズを使用して応援してもよいという席だ。

   球団はこうした席の分割を踏み切るに至った経緯を

「近年、来場希望者が増加する一方で座席に限りがあることから、ビジターパフォーマンスの入場券を多くのカープファンが求め、コンコース等に流れる現象が起きています。そのため、コンコースでは混雑が増大し、お客様同士のトラブルも増えています。こうした状況を少しでも解消するために実施いたします」

と、公式サイト上で説明している。

「カープ側のことしか考えてない」

   この球団の対応に、ツイッター上で多くの批判の声が上がっている。

「マツダスタジアムのビジター分割化はカープファンとして断固反対!!」
「遠くからきとる他球団かわいそうやん。新たに席つくればいいのにこれは完全おかしいと思います」
「ありえない 絶対トラブル起こる カープ側のことしか考えてない ビジター側のこともちゃんと考えよ」
「こんな解決策しか考えつかないのか広島カープ ガッカリだよ」

など、カープファン含め、さまざまな球団のファンから批判的な意見がつぶやかれている。

   一方で

「甲子園東京ドームも、ビジター球団によっては、ビジター席減らしたりするやん?」
「カープのビジパフォ分割、そんなに怒ることか?他球場でもビジター狭いところ多いし。そもそも人が入らないから分割されてんだろ」
「カープがそういう考えなら、スワローズやベイスターズもカープ戦のビジター応援席を大幅減すればいい」

など、「主催ゲームのビジター席をどうするかは球団の自由」といった意見も上がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中