2018年 6月 20日 (水)

JAPANNEXT コンパクトな23.8型ながら4K解像度対応の液晶ディスプレイ

印刷

   液晶ディスプレイを手がけるJAPANNEXT(東京都千代田区)は、液晶ディスプレイ「JN-IPS240UHD」を2018年2月6日に発売する。

  • コンパクトながら高精細4K映像に対応
    コンパクトながら高精細4K映像に対応

動きの速い映像でも滑らか、ちらつきもブルーライトも抑える

   フルHDの約4倍の作業領域を実現する4K解像度(3840×2160ドット)対応の24型。広視野角178度のIPS-AASパネルを搭載。sRGBを100%カバーする10bitカラーに対応、画像をより美しく鮮やかに、忠実な色再現が可能だ。

   リフレッシュレートは60Hz、応答速度は最大4ミリ秒で、動きの速い映像を滑らかに表現できる。「AMD freesync」に対応するほか3種類のゲームモードを備え、加えてフリッカーフリー設計を採用し、画面のちらつきを抑えて映画やゲームなどを楽しめる。目の疲れの原因とされるブルーライトを低減する機能を搭載した。

   「マルチウィンドウ機能」を搭載し、子画面を表示する「Picture in Picture」、最大4画面に分割して表示する「Picture by Picture」を利用できる。

   インターフェイスはHDMI 2.0×1、HDMI 1.4×2、DisplayPort 1.2(Thunderbolt対応)×1、オーディオアウト×1を装備。DisplayPort-mini DisplayPortケーブルが付属し、タブレットパソコンやMacも簡単に接続可能だ。

   参考価格は3万9970円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中