2020年 2月 29日 (土)

刀鍛冶にサインを求める女性殺到 「刀剣乱舞」の影響?職人に聞いてみた

印刷
不動産価格上昇中!不動産の価値は?一括無料査定でチェック!

宗風さんも「喜んでサインをさせていただいています」

   実は日本刀は、刀鍛冶がひとりで完成させているわけではない。

   宗風さんによると、日本刀の制作は完全分業制で、刀鍛冶、研ぎ師、鞘師、塗師、金工師といったそれぞれの専門の職人が関わって、一振りの刀が完成する。宗風さんは、刀の刀身に「龍」や「梵字」等を彫る「刀身彫刻師」と、鐔(つば)や目貫といった金具を作る「装剣金工師」という専門の仕事を兼ねている。

   刀鍛冶ではないが、日本刀彫物師・装剣金工師として、日本刀関連の図録に名前が載る機会が多く、サインを求められることはしばしばあるそうだ。

   女性にサインを求められることに関しては、

「なんだか気恥ずかしいのですが、そうやって刀の職人を応援してくださることがありがたく、喜んでサインをさせていただいています」

と話していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!