2019年 12月 14日 (土)

クラウドこそセキュリティーに高い信頼性 「ビッグデータ時代」を支えるAlibaba Cloud

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ビッグデータや人工知能(AI)をいかに事業に活用するか、昨今多くの企業が知恵を絞っている。膨大なデータを日々処理、管理するには、安定的で外部からのサイバー攻撃にも耐えうる強固なインフラが必要となる。

   今日、自社のコンピューターシステムだけで賄おうとせず、パブリッククラウドを利用する流れが世界的に見られる。日本でも、アマゾン・ドット・コムやマイクロソフト、グーグルといった米IT企業がクラウドサービスを提供するほか、中国最大でマーケットシェア世界第3位でもある「Alibaba Cloud」が存在感を増してきた。

  • SBクラウド・奥山朋氏
    SBクラウド・奥山朋氏
  • 奥山氏の講演は多くの聴衆を集めた
    奥山氏の講演は多くの聴衆を集めた
  • 「DataV」のイメージ
    「DataV」のイメージ

自社でデータを持つのが不安だからクラウド利用

   アリババグループは、電子商取引をはじめ物流、動画などのエンターテインメント、金融サービス「Alipay」と幅広い分野をカバーする中国の代表的なIT企業だ。こうしたサービスを根底で支えているのが、「Alibaba Cloud」。中国市場でのシェアはアマゾンの「AWS」やマイクロソフトの「Azure」といったクラウドサービスを抑え、首位に立つ。

   日本では2016年12月から、SBクラウド(本社・東京)がAlibaba Cloudの国内データセンター運用やサービスのローカライズ、日本語サポートの提供を行っている。2018年2月20日、SBクラウド・プロダクト技術部のソリューションアーキテクト、奥山朋氏が東京都内で開かれたITイベント「Cloud Days 2018」で講演し、Alibaba Cloudの仕組みや先進的な事例を紹介した。

   中国でAlibaba Cloudが求められる理由に、セキュリティーの堅牢さがある。現在、中国のおよそ4割の企業がAlibaba Cloudのサービスを利用しているが、外部からパスワードを不正に割り出そうとする「パスワードクラック」は、毎日約2億回発生。ウェブサイトへの攻撃が毎日約2000万回、さらに、複数のコンピューターから相手サーバーに過剰な負荷を与えてサービス停止に追い込む「DDos攻撃」は同約1000回起きている。こうしたリスクに耐えうる技術力をAlibaba Cloudは備え、「力強くお客様の情報を守り続けている」(奥山氏)。

   セキュリティー面について奥山氏は、J-CASTトレンドの取材にこう補足した。

「日本ではクラウドに対して、漠然とした不安が残っている気がします。一方中国では、自社で(重要なデータを大量に)持つのが危険なため、クラウドに置くという考え方が一般的です」

   ネット上の攻撃手法は、日々さまざまなものが生まれている。会社のシステム担当者だけですべてを対応するのは不可能。高いセキュリティーで、かつ安価なクラウドサービスを使うのがより現実的というわけだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!