2019年 12月 13日 (金)

ギャルの恋心は一瞬で消え去った 無理すぎる男たちの「あの」しぐさ

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   「この人と一生を共にする!!!!」と思っていても、「女心と秋の空」と言ったもの...。ひょんなことがキッカケとなり、彼氏や好きな人への思いが消え去ってしまうこともあるのです。

   そこで今回は、ギャル達に聞いた「百年の恋も冷めた瞬間」についてお送りします。ギャル達は男性のこんな瞬間に興ざめなんです!

  • 「あー、こりゃダメだ…」
    「あー、こりゃダメだ…」

彼の肩にもたれて寝たら「まさか」のひと言が

【百年の恋も冷めた瞬間その1:携帯のカメラで自分チェック!】

   「髪とか顔の表情が気になるのか、電車での移動中に自分の顔を携帯カメラでずっとチェックしててマジ引いた」と、好きな人への思いが消えた瞬間を赤裸々に教えてくれたのは、JD1年のRさん。反射している電車の窓ガラスで自分チェックをしている瞬間でさえ見たくないにも関わらず、ずっと隣で携帯を見ていたらその恋もTHE END間違いなしですね。

【百年の恋も冷めた瞬間その2:「自分よりも洋服」精神にガッカリ...】

   「服が大好きな彼だったんだけど、私が彼の肩にもたれて寝ちゃったら『Tシャツにファンデつくだろ!』って言われて本気でムカついた」と怒りを露にしてくれたのは、JK3年のHさん。洋服が好きなのは分かりますが、そんな言い方をされては逆ギレしたくもなりますね。まさに「私より洋服かよ!」とツッコミたくなるワンシーンです。

【百年の恋も冷めた瞬間その3:ご馳走しないケチな彼にゲンナリ】

   「デートに誘われたら1件目がラーメン屋。それはまだしも、誘ってきたのにご馳走してくれなくてケチだなぁって思った」と、初デートでの悲惨な体験を語ってくれたのは、フリーターのFさん。ラーメンデートはラフに打ち解けることが出来ると人気ではありますが、デートに誘ってきたのなら、初デートぐらいご馳走してほしいのが乙女心です。高い物をご馳走してくれとは言いませんから、ラーメン1杯ぐらいはかっこつけてほしいものです。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!