2018年 6月 20日 (水)

ネスレ日本「2018年事業戦略」発表 「キットカット」と「抹茶」が鍵握る

印刷

   ネスレ日本(神戸市)は2018年3月7日、東京都内で「ネスレ日本2018年事業戦略発表会」を開催した。同社社長兼最高経営責任者(CEO)の高岡浩三氏はプレゼンテーションの中で、チョコレート菓子「キットカット」と「抹茶」を話題に挙げた。

日本のキットカットが海外でも買えるようになる
日本のキットカットが海外でも買えるようになる

需要にこたえる形で海外展開

   高岡氏はプレゼンで、日本のキットカットが海外で買えるようになると話した。日本のキットカットは、期間限定商品やお土産バージョンも存在し、海外のキットカットとは違う。英BBCやロイターでもニュースになるなど、海外からの人気も高い。そのため、日本のキットカットが海外需要に応える形で、このほど海外展開するという。

   しかし、そもそもキットカットは世界中で売られている定番のお菓子、社内競合はしないのだろうか。高岡氏によると、日本のキットカットは価格も高く、海外製品と比較しても競合にはならず、むしろ海外のネスレグループから歓迎されているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中