2018年 11月 17日 (土)

女性客にキッチンの説明していたら事態急変 「家事は女だけがしてればいいって?」と激怒

印刷

   「なんでキッチンだからって私に話をするの?!」。女性客が住宅展示場で突如、怒りをあらわにした――。

   現在、インターネット上ではこの「キッチンの営業トーク」をめぐる男女の役割について議論となっている。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

初めは和やかな雰囲気だったが...

   議論は、掲示板サイト「発言小町」で巻き起こった。住宅メーカーに勤めているという女性が2018年3月5日に立ち上げたトピックが発端だ。

   投稿者は数日前、住宅展示場で30代ほどの夫婦を案内した。初めは和やかな雰囲気で進行していたものの、夫人に対してキッチン周りの説明をしていると空気は一変、険悪ムードが漂ってしまった。

   いったいなぜか。夫人は説明の途中、

「なんでキッチンだからって私に話をするの?!家事は女だけがしてればいいって考えなの?」

と怒り爆発。さらに「結婚もしてなくて一人暮らしだと分らないのかもね」と吐き捨てた。夫はその間言葉を発さず、「何ともいえない表情」をしていた。

   投稿者は、初めての経験で戸惑いつつも謝罪。だが夫人の腹の虫はおさまらなかったようで、不機嫌のまま見学は終了した。

   以上を振り返り、投稿者は「自分自身気づかないうちに『家事は女がやるもの』という前提でお話をしてしまっていた」と反省している。

「これからの日本社会の課題ですね」

   トピックをめぐっては、

「私がその女性の立場でも全く同じことを思っていたと思います。口には出しませんが」

と、投稿者の対応に問題があったと考える人もいるが、多くは、

「確かに男女平等の世の中です。でも日本社会では、圧倒的に女性がキッチンを使っている割合が多いのも事実。それだと商売してる方は、その前提で説明するのは当然です」

と擁護派が占めた。ただ、今後はこうしたケースが増えることが予想されるとして、

「ある意味、今トピ主さんは出会って良かったのかも知れません。意識改革が、そのお客さんのお陰で出来たのですから」
「あなたの課題というより、これは、これからの日本社会の課題ですね」

といった声が寄せられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中