2018年 10月 20日 (土)

フィルムカメラやラジカセのようなデザイン ブルートゥーススピーカー

印刷

   プライベートブランド商品などを手がけるアイケイ(名古屋市)は、スイス「GENEVA(ジェネバ)」製のブルートゥーススピーカー3モデルを、2018年3月30日に全国の家電量販店およびインテリアショップなどで発売する。

  • 音質の好みや使用シーンに合わせて選べる3モデル
    音質の好みや使用シーンに合わせて選べる3モデル

アルミ×エコレザー「Touring Series」、木製キャビネット「Acustica Series」

   「Touring Series(ツーリング・シリーズ)」は筐体にアルミとエコレザーを使用。ブルートゥース 4.1をサポートするほか、3.5ミリミニジャック入力を備える。

   スタンダードモデル「Touring XS」は、フィルムカメラのようなコンパクトデザインを採用。2つのアクティブドライバー、背面に搭載したパッシブブーストラジエーター(電磁気回路のないスピーカー)により、立体的な空間表現と迫力ある重低音を手軽に楽しめるという。約20時間の連続再生が可能なバッテリーを内蔵する。

   価格は1万8500円(以下全て税別)。

   上位モデル「Touring M」は、1970年代の「ラジカセ」を彷彿とさせるデザインを採用。ローレット(ギザギザ)加工を施したボリュームダイヤルを装備する。きめ細やかな中高音、豊かな低音の背面ウーファーがバランスよく馴染み、音源を華やかに再生できるという。約30時間の連続再生が可能なバッテリーを内蔵する。

   価格は3万2800円。

   「Acustica Series(アコースティカ・シリーズ)」は、ブランド設立当初のモデル「Classic」シリーズから受け継いだ幅広いリスニングポイントと優れた音質、深みのある低音を出す。

   エコレザーで包まれた木製キャビネットとアルミ製トップを備えた「Acustica Lounge」は、音量の大小に関わらず雑味のないクリアなサウンド再生が可能だ。ブルートゥース 4.0をサポートするほか、3.5ミリミニジャック入力、「Google Chromecast Audio」接続用のUSBポートを備え、「Google Play Music」や「Spotify(スポティファイ)」などの音楽ストリーミングサービスにも対応する。

   価格は2万8800円。

   いずれもカラーはブラック、ホワイト、コニャック(茶)、レッドの4色を用意する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中