映画やゲームを7.1chサラウンドで ソニーのヘッドホンシステム

印刷

   ソニーは、サラウンドヘッドホンシステム「WH-L600」を2018年4月7日に発売する。映像機器と組み合わせて、ゲームや映画などのコンテンツを、独自の「VPT(Virtualphones Technology)」による臨場感のある7.1チャンネルサラウンドで楽しめる。

  • バーチャルサラウンドで映画やゲームにとことん没入
    バーチャルサラウンドで映画やゲームにとことん没入

コンパクトに収納できる充電用ヘッドスタンド同梱

   ソニー・ピクチャーズエンタテインメントと協力し、映画制作用サウンドミキシングステージの測定データを解析、理想的な映画館の音場を再現したという「シネマ」、ソニー・インタラクティブエンタテインメントのエンジニアがゲーム機「PlayStation 4」に最適化した「ゲーム」、人の声が聞き取りやすい「ボイス(ステレオ)」、スポーツ観戦に適する「スポーツ」、4つのエフェクトモードを搭載する。

   本体プロセッサーを兼ねる充電用ヘッドスタンドで、不使用時もコンパクトに収納できる。「ARC(Audio Return Channel)」対応のHDMI端子を搭載したテレビとは、別売のHDMIケーブル1本で接続可能だ。

   市場想定価格は3万円前後(税別)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中