2018年 9月 24日 (月)

コンテンツの没入感・臨場感を高めるサウンドバー

印刷

   デノンは、サウンドバー「HEOS HomeCinema」を2018年4月下旬に発売する。

   高さを抑えたサウンドバーと、横置き可能で設置の自由度が高いワイヤレス接続対応のサブウーハーを組み合わせた。テレビの音質を向上させることで映画や音楽、スポーツなどのコンテンツへの没入感や臨場感を高め、コンテンツの魅力を最大化する。

  • 高画質化する映像コンテンツに合わせ、サウンドもグレードアップ
    高画質化する映像コンテンツに合わせ、サウンドもグレードアップ

ワイヤレス対応のサブウーハーは横置き設置も可能

   サウンドバーには16ミリソフトドームツイーターと楕円形のミッドウーハーを左右チャンネルに各2基、低域を増強するサブウーハーには130ミリウーハーユニットを2基搭載。高効率かつ低歪なクラスDアンプでバイアンプ駆動することで、豊かな低音とクリアで自然なサウンドを再現。

   フロントスピーカーだけで広がりあるサウンドとなるよう、独自アルゴリズムによる「デノン・バーチャルサラウンド」を搭載。コンテンツに合わせて最適な音質に設定できる「Movie」「Music」2モードを備える。小さな音量でも十分な迫力を得られるという「Nightモード」も用意する。

   「4K UHD」や「HDR10」、「Dolby Vision」パススルー対応のHDMI入出力、各1系統を装備。ARC(オーディオ・リターン・チャンネル)やHDMIコントロール(CEC)にも対応し、テレビとHDMIケーブル1本で接続できる。そのほか光/同軸デジタル入力、アナログAUX入力も備える。設定や操作ができるiOS/Android/Kindle Fire向け「HEOS」アプリが利用可能だ。

   なお、アンプやドライバー、エンクロージャーは同社のベテラン・アコースティックエンジニアのチームが手がけ、繊細さと力強さを兼備した"デノンHi-Fiサウンド"の思想が色濃く反映されているとのことだ。

   テレビの台座部分と干渉する場合に高さを13ミリ上げられるフットが付属する。カラーはブラック。価格はオープン。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中