2019年 11月 19日 (火)

■天皇賞(春) 「カス丸の競馬GⅠ大予想」
  大混戦を断つのはこの馬だ!

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!
trend_20180427183430.jpg

   カス丸 は~い、ぼくカス丸きゃすう。なんだか、芝の緑がキレイな季節になって、ウキウキするじぇい。今週は長距離GIの最高峰、春の天皇賞(京都競馬場、芝、3200メートル)。昨年の覇者で最強のキタサンブラックが引退して、大混戦みたいだじぇい。ということは、カスヨ姉さんがよく言う、「大荒れ」「大儲け」が期待できるきゃすう?

   カスヨ そうね。まさに、わたしの出番ね。でも、勝つ馬はハッキリしてるわ。本命◎は、サトノクロニクルよ。勢いのある4歳馬。3歳時はデビューから6戦連続で1番人気に推されるほどの期待馬で、前走の阪神大賞典(GII、阪神・芝3000メートル)は休み明けで2着。父親がハーツクライだから成長力が見込めるし、4歳の今年は飛躍の年になるわよ。

trend_20180427183500.jpg

今年は4歳馬が強いのか

   ガジュマル爺 そうじゃなあ。昨年人気を二分したキタサンブラックが引退。サトノダイヤモンドも出走を回避して、GI馬がシュヴァルグラン(2017年、ジャパンカップ勝ち)だけじゃからな。なんだか、混戦というより気が抜けたような感じ。おまけに、そのGI馬が前走の大阪杯(GI、阪神・芝2000メートル)で13着と大敗。これじゃあ、クロニクルが勝ってもおかしくないわい。

   カス丸 じゃあ、爺の本命◎もサトノクロニクルきゃすう?

   ガジュマル爺 いや、そう甘くはないのがケイバじゃ。本命◎はクリンチャー。馬には距離適性ってもんがあるんじゃ。クロニクルは3歳秋のGI、菊花賞で10着。この時の2着がクリンチャーじゃ。確かにクロニクルは前走2着に頑張ったが、長距離の適性はクリンチャーのほうが1枚上とみた! それはデビューから出走しているレースがすべて2000メートル以上なことからもわかる。2走前の京都記念(GII、京都・芝2200メートル)では、17年の皐月賞(GI)馬、アルアインを負かしておる。武豊騎手からの乗り替わりは気になるが、こちらが◎じゃ。対抗○も3000メートル戦が滅法強いアルバート。昨年の天皇賞(春)は5着じゃった。7歳になるが、とにかく大崩れしない。長距離戦は騎手の手綱さばきで決まるとも言われるんじゃが、C・ルメール騎手ならやってくれるじゃろう。

   カスヨ あら、やっぱり爺さんは爺さん同士、仲いいのね。わたしは4歳馬推しよ。対抗○も、4歳馬のチェスナットコート。3歳時のクラシックレースには出走できなかったけど、最近の成績は目を見張るものがあって、上昇度は1番と見たわ。前走は日経賞(GII、中山・芝2500メートル)で2着。ベテランの蛯名正義騎手なら、前進が期待できるわよ。 単穴▲は、トーセンバジルね。6歳馬だけど、海外遠征(GI、香港ヴァース 芝2400メートル)で3着に入る健闘ぶり。休み明けの日経賞は5着だけど、1着と0.4秒差なら巻き返せるわ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!