2018年 11月 16日 (金)

4Kの色鮮やかな高画質を楽しめる エントリーモデルのプロジェクター

印刷

   JVCケンウッドは、ホームプロジェクター「LX-UH1」を2018年5月中旬に発売する。

   0.47型DMD(表示デバイス)を搭載し、4K解像度(3840×2160ピクセル)の色鮮やかな高画質「4K/HDR(ハイ・ダイナミックレンジ)コンテンツ」を手軽に楽しめるというエントリーモデルだ。

  • リビングにマッチするホワイトカラーを採用
    リビングにマッチするホワイトカラーを採用

リビングルームでも見やすい高輝度

   コンパクトサイズに上下60%、左右23%という可動域の広いレンズシフトと1.6倍ズームレンズを装備し、すぐれた設置性を実現した。

   高効率ランプによる2000ルーメン、リビングルームなどでも楽しめる高輝度を確保。UHDブルーレイに採用されている「HDR10」に加え、今後放送などで採用される「HLG(ハイブリッド・ログ・ガンマ)」にも対応する。

   伝送帯域18Gbpsおよびデジタルコンテンツ保護規格「HDCP2.2」対応のHDMI端子(2系統のうち1系統)を装備し、フルスペック4K映像の入力が可能だ。そのほかパソコンなどを接続できるD-Sub 15pin×1を備える。

   カラーはホワイト。価格はオープン。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中