2018年 10月 24日 (水)

「タニタカフェ」有楽町にオープン 「こころの健康づくり」目指す

印刷

   健康計測器メーカーのタニタは、「こころの健康づくり」をコンセプトとした飲食店「タニタカフェ有楽町店」 を、2018年6月6日に東京のJR有楽町駅構内にオープンする。

   「タニタカフェ」は、定食スタイルで健康的な食生活を提供する「タニタ食堂」 に続く新業態だ。

  • 「タニタカフェ有楽町店」完成予想図
    「タニタカフェ有楽町店」完成予想図

旬の野菜を使用したオリジナルメニュー

   メインターゲットは、20代~30代の女性。「楽しさ」や「心地よさ」といった「こころの健康づくり」につながるエッセンスをふんだんに採り入れた、新しいスタイルのコンセプトカフェだ。

   タニタは楽天が展開する農業事業「Rakuten Ragri」と提携し、タニタカフェで旬の有機野菜を中心とするオリジナルメニューを提供する。楽天のリリース(3月8日付)によれば、共同開発メニューの第1弾として、季節の有機野菜を豊富に使ったサラダ(5種)などをタニタカフェで提供する予定だ。

   今後は2022年度中に、全国に100店舗の展開が計画されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中