2018年 12月 16日 (日)

「名古屋城本丸御殿」10年の復元を終えて6月公開

印刷

   名古屋市観光文化交流局名古屋城総合事務所は2018年5月24日、「名古屋城本丸御殿」が10年間の復元を終えて6月8日に完成公開すると発表した。

  • 上洛殿内観 完成予想図(c)名古屋市観光文化交流局
    上洛殿内観 完成予想図(c)名古屋市観光文化交流局

焼失から70年、旧来の材料で再現

   発表資料によれば、「名古屋城本丸御殿」は、1615年に徳川家康の命によって建てられた。

   日本を代表する近世書院造の建造物で、1930年には国宝第一号に指定された。屈指の名城として知られていたが、1945年の空襲により建物の全てを焼失。しかし幸いにも、1049面の障壁画、309枚の実測図、約700枚の写真、約2000個の礎石など豊富な史料が焼失を逃れ、2009年1月から復元工事に着手してきた。2018年の「上洛殿」などの完成をもって、10年をかけた復元計画を終える予定だ。

   名古屋文化の原点ともいえる「名古屋城本丸御殿」は、木曽の森で数百年の時を刻んだ檜を使用するなど、原則として旧来の材料で再現している。復元により伝統技術や技法を受け継ぐとともに、先人の技や知恵を未来へと継承し、名古屋の活性化につながる拠点を目指す。

   オープニングセレモニーには、「名古屋城アンバサダー」に就任する名古屋出身の俳優・舘ひろしさんが出席する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中