2020年 7月 10日 (金)

うわさの「ZOZOSUIT」記者が徹底解剖 試着してわかった「3つの改善点」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   体型計測用ボディースーツ「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」。2017年11月22日の予約開始日に申し込んでから約半年、ようやく記者の元に届いた。

   メーカーは「人が服に合わせる時代から、服が人に合わせる時代へ」と豪語するが、真価はいかに。身長172センチ、体重70キロの男性記者が試着してみた。

体に吸い付く!着用だけで「滝汗」

   ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイ(千葉市)が手がけるZOZOSUIT。スマートフォン(スマホ)で、全身に付いた白いマーカーを読み取ることで、体型のサイズを測れるというアイテムだ。

trend_20180528180715.jpg

   計測したサイズを基に、同社のプライベートブランド「ZOZO」から、Tシャツとデニムも注文できる。実際に試着・注文してみて気になった3点を挙げていく。

trend_20180528174851.jpg

   (1) 着用・計測の手間
スーツの着用からつまずいた。体に吸い付くような作りのため、腕や脚周りがなかなか通らない。同僚に手伝ってもらいなんとか着終えたときには汗びっしょりに。

   計測でも難儀した。専用アプリ上のカメラで全身を360度撮影するのだが、途中で読み取りエラーが頻発したり、計測用アプリが落ちたりで20分ほどかかった。

   また、スマホから2メートル離れて撮影しなくてはならず、狭い部屋だと難しそうだ。

trend_20180528174939.jpg

   これらの煩わしさから、途中で投げ出してしまう人は少なくないかもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!