2018年 10月 21日 (日)

歯のケア、意識すべき「FBI」とは? 歯磨きだけでは落ちない汚れが怖い

印刷

   パナソニックは「歯と口の健康週間」(6月4~10日)に合わせ、2018年6月4日から口腔ケアの重要性を訴えるキャンペーン「FLORAL PLATE PROJECT」を開始した。

   同キャンペーンでは、歯磨きで大切な「FBI」の提案、および口腔ケアの啓蒙動画「FLORAL PLATE」を制作した。

  • 動画「FLORAL PLATE」より
    動画「FLORAL PLATE」より

「スキマ」「ミゾ」は要注意

   「FBI」とは、歯間ケア(フロッシング)、歯の表面ケア(ブラッシング)、歯と歯ぐきの境目の溝を指す歯周ポケットのケア(イリゲーション)の頭文字をとった造語。普段の歯磨きでは「F」「I」がおろそかにされがちだとして、デンタルフロスや歯間ブラシの併用を勧めている。

   実際、厚生労働省が健康づくりの目標を定めた「健康日本21」では、

「通常使用する歯ブラシでは歯と歯の間の部分の歯垢(デンタル・プラーク)を完全に落とすことができないため、この部分から歯肉の炎症が生じるケースが多い」

ため、40~50歳における歯間清掃器具の使用割合を50%以上に引き上げる方針を打ち出している。

動画はショッキング....

   ユーチューブに公開された啓蒙動画「FLORAL PLATE」は、「その美しさに、あなたはきっと騙される!」と銘打たれているが、実はショッキングな内容だ。

   食後の口の中を汚れた皿で表現し、歯ブラシでゴシゴシと磨いていく。だが、溝に挟まった汚れは全く落ちておらず、「F」「I」の大切さを伝えている。

   口腔内に残る食べカスと、歯ブラシのみでは落ちない歯の隙間や歯周ポケットの汚れ――。動画で「体験」してみてはどうだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中