2018年 10月 16日 (火)

福山雅治、40代最後の夏
手にした「年齢相応」

印刷

   タケ×モリの「誰も知らないJ-POP」

   シンガー・ソングライターの成長の鍵は「年齢相応」にあるのだと思う。その年齢だからこそ歌える歌。そのキャリアがあってこそ生まれる歌。若いころには作れなかっただろうし、作れたとしても説得力を持ちえなかった歌――。

   もちろん、あらゆる表現者にとってそうだろうとは思う。演じることを職業にしている俳優もその例に漏れない。

   ただ、俳優には作家や演出者がいる。その人自身の実人生とは違う作品で輝きを見せることもある。シンガー・ソングライターはそうではない。自分の歌を自分で作って歌う。そこにはその人の人生観が色濃く反映されてゆく。「年齢相応」になれるかどうかは、その人自身の成長に掛かっていると言っていい。

trend_20180612191418.jpg

「成長した姿を目撃して頂きたい」

   2018年5月27日、東京ドームで行われた福山雅治の「DOME LIVE2018~暗闇の中で飛べ」二日目のステージで彼はこんな話をしてから、2001年のアルバム「f」の一曲目「友よ」を歌った。

「2001年に初めてドームをやってから17年。あの時は若気の至りと言いますか、演奏に落ち着きがなかった。あの頃の私とは違うのです。このセンターステージでギター1本で歌を届けられるという成長した姿をあなたに目撃して頂きたい」

   初めて彼が東京ドームのステージに立ったのは2001年5月。「玉子的大決起集会・まだまだイクやろ!!!東京ドーム」。2000年にデビュー10周年を迎えた区切りのシングル「桜坂」が歴史的な大ヒットとなった翌年である。頂点を極めたかのように見えた晴れ舞台の一曲目が「友よ」だった。

   彼はドームの天井を突き抜けそうな女性ファンの黄色い歓声の中でギター1本を持って登場、緊張を隠せない様子の弾き語りで歌った。彼は32歳。故郷・長崎時代を思い起こしたような熱いバラードは成功したシンガー・ソングライターの気概と気負いの表れのようだった。

   1月から半年間に及んだアリーナ・ドームツアーのファイナル。ファンクラブツアーも含めて4回目の東京ドームでの彼の姿には、「あの時」とは違う艶やな風格すら漂っていた。

タケ×モリ プロフィール

タケは田家秀樹(たけ・ひでき)。音楽評論家、ノンフィクション作家。「ステージを観てないアーティストの評論はしない」を原則とし、40年以上、J-POPシーンを取材し続けている。69年、タウン誌のはしり「新宿プレイマップ」(新都心新宿PR委員会)創刊に参画。「セイ!ヤング」(文化放送)などの音楽番組、若者番組の放送作家、若者雑誌編集長を経て現職。著書に「読むJ-POP・1945~2004」(朝日文庫)などアーテイスト関連、音楽史など多数。「FM NACK5」「FM COCOLO」「TOKYO FM」などで音楽番組パーソナリテイ。放送作家としては「イムジン河2001」(NACK5)で民間放送連盟賞最優秀賞受賞、受賞作多数。ホームページは、http://takehideki.jimdo.com
モリは友人で同じくJ-POPに詳しい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中