2018年 10月 22日 (月)

サッカーW杯優勝国はココだ AIが100万回のシミュレーションでズバリ予想

印刷

   ロシアでFIFAワールドカップ(W杯)が現地時間2018年6月14日(日本時間15日0時)、開幕する。2014年はドイツが優勝したが、今年はどうなるのか。

   6月11日、米ニューヨークに本社を置く金融グループ会社「ゴールドマン・サックス」が人工知能(AI)を駆使した優勝予想の結果を公開した。はたして日本は―。

  • FIFAワールドカップ、日本はどこまでいく?
    FIFAワールドカップ、日本はどこまでいく?
  • ゴールド・サックスが予想したベスト16(画像は「2018 WORLD CUP AND ECONOMICS」より)
    ゴールド・サックスが予想したベスト16(画像は「2018 WORLD CUP AND ECONOMICS」より)
  • 出場32チームの予想(画像は「2018 WORLD CUP AND ECONOMICS」より)
    出場32チームの予想(画像は「2018 WORLD CUP AND ECONOMICS」より)

前回優勝はドイツ、前々回はスペインだったが...

   ゴールドマン・サックスはAIを使って各チームの戦力を分析し、20万通りの組み合わせ、100万回のシミュレーションから、W杯の結果を予想した。同社の予想によると、決勝戦はブラジル対ドイツで、優勝はブラジル。ベスト4にはフランスとポルトガルが残るとしている。

   なお前回ブラジル大会(2014年)の最終結果は、優勝ドイツ、準優勝アルゼンチン、3位オランダ、4位ブラジルだった。アルゼンチンは今回の予想ではベスト8に入っている。オランダは欧州予選で敗れたため対象外だ。

   ブラジルの優勝は、2006年ドイツ大会で日本代表を率いたジーコ氏も言及している。6月4日に開催された日本マクドナルドのイベントで、優勝ブラジル、準優勝ドイツ、3位アルゼンチンとの予想を話したと、スポーツ各紙が報じている。また、米スポーツデータ会社「グレースノート」も最も優勝に近い国として、ブラジルを挙げている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中