2018年 10月 24日 (水)

「大切な人を想う気持ち」を歌とドラマで表現 JT新CM「想うた」シリーズ

印刷

   日本たばこ産業(JT、本社・東京)は2018年6月15日から、新企業広告シリーズ「想うた」を始めた。

   JTは「ひとのときを、想う。」という企業思想を掲げている。この広告シリーズでは、親や恋人など大切な人のことを想う姿や気持ちを、心温まる歌とともに描いていく。

  • 新CM「想うた」
    新CM「想うた」
  • CMソング「親を想う」の歌詞
    CMソング「親を想う」の歌詞
  • 実家から仕送りが届き、ふと家族と過ごした時間を思い出す
    実家から仕送りが届き、ふと家族と過ごした時間を思い出す
  • 高校時代、とくに会話はなかった夕食の時間
    高校時代、とくに会話はなかった夕食の時間
  • 幼き頃を思い出し、両親の愛情の深さに改めて気づく
    幼き頃を思い出し、両親の愛情の深さに改めて気づく
  • 前向きな表情で仕事へ向かう主人公
    前向きな表情で仕事へ向かう主人公

人気若手俳優の北村匠海さんが演じる

   CM第1弾では、人気若手俳優の北村匠海さんが、地方から上京して働く新社会人を演じている。慣れない都会で初めての社会人生活を送る中、離れて暮らしていても支えてくれる親の大切さに気付く。

   北村さんは映画「君の膵臓をたべたい」(2017年)に主演し、「第41回日本アカデミー賞」で新人俳優賞を受賞した。ダンスロックバンド「DISH//」のボーカルとしても人気を集めている。

   CMではセリフはなく、映像とともにこのために書き下ろされた楽曲「親を想う」が流れている。歌唱・作曲は、「小さな恋のうた」などで知られるロックバンド「MONGOL800」のボーカル・上江洌清作(うえず・きよさく)さん。北村さん演じる主人公の両親への思いを歌い上げる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中