2019年 10月 21日 (月)

「デュアルSIM」にmicroSDも 「トリプルスロット仕様」スマホ

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   モバイルおよびIT関連機器などを扱うコヴィア(横浜市)は、SIMフリースマートフォン「FLEAZ BEAT(フリーズ・ビート)」を2018年6月8日に発売した。

  • 通信もデータも欲張って使える
    通信もデータも欲張って使える

「ちょうどいいサイズ感」の5型HD液晶ディスプレー

   5型HD(1280×720ドット)IPS液晶ディスプレーを搭載。手に持った際に大きすぎない"ちょうどいい"サイズ感だという。

   LTEと3G(WCDMA)の同時待受が可能な「デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)」に対応。SIMを2枚装着した状態でもmicroSD(最大128GB)を利用できる"トリプルスロット仕様"を採用する。

   OSは「Android 8.0」をプレインストール。メモリーは3GB、内蔵ストレージは32GB。800万画素メイン、200万画素サブカメラを装備。IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.0をサポート。日本版GPS2010として知られる準天頂衛星「みちびき」に対応する。

   背面にワンタッチでロック解除できる指紋認証センサーを装備。容量2300mAhのリチウムイオンバッテリーは、交換が可能な電池パック式。別売の予備バッテリーを用意する。

   カラーはブラック、インディゴ(「gooSimseller」限定)の2色。

   直販サイト「FLEAZ Direct」での価格は1万7800円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!