2018年 11月 18日 (日)

あの「ダム湯切りプレート」また出た カップ焼きそばで「大放流」楽しんじゃえ

印刷

   日清食品は2018年6月20日、「日清焼そばU.F.O.ダム湯切りプレート」の第2弾を発売した。

   このプレートは、カップ焼きそばの湯切りをダムの放流に見立てて楽しむアイテムだ。第1弾が大きな反響を呼んだことを受け、新たに3種を販売する。

  • 「日清焼そばU.F.O.ダム湯切りプレート」の第2弾が登場
    「日清焼そばU.F.O.ダム湯切りプレート」の第2弾が登場
  • 使用イメージ
    使用イメージ
  • 「鳴子ダム」(宮城県)、「下久保ダム」(埼玉県)、「川治ダム」(栃木県)が登場
    「鳴子ダム」(宮城県)、「下久保ダム」(埼玉県)、「川治ダム」(栃木県)が登場

第1弾は5000枚が完売

   2018年1月に発売した第1弾は、用意していた5000枚がすぐに完売する人気ぶりだった。

   前回に引き続き、ダムマニアとして有名な宮島咲氏監修のもと、全国にある約2750基のダムの中から、「日清焼そばU.F.O.」の湯切り口との親和性が高い3基を厳選。選ばれたのは「鳴子ダム」(宮城県)、「下久保ダム」(埼玉県)、「川治ダム」(栃木県) の3基だ。各216円。

   さらに、反響の大きかった第1弾のダム3基のプレートも500セット限定のコンプリートセット(3240円)で復活した。第1弾と第2弾のダムプレート計6枚と、「U.F.O.」1ケース(12食入り)がセットになっている。

   販売は日清食品グループのオンラインストア限定。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中