2018年 11月 18日 (日)

世界的シェフの間でも話題 新感覚「カカオビネガー」

印刷

   ジャーニーカンパニー(神奈川県茅ヶ崎市)は、カカオを使用したコスメ・スーパーフードブランド「CACAO365」から、新感覚フルーツビネガー「カカオビネガー」を2018年6月22日に発売した。

  • 世界的シェフの間でも話題!カカオビネガー登場
    世界的シェフの間でも話題!カカオビネガー登場

商品化は非常に困難だった

   パルプと呼ばれるカカオの白い果実の部分を使い、酢なのに不思議なほどカカオ感、チョコレート感を味わえるという新感覚フルーツビネガー。カカオの果実を使用したビネガーはこれまで世界各国で製造が試みられてきたが、そのまま使用すると雑味やえぐみが多く、精製すると香りがなくなってしまうなど、商品化は非常に困難だったという。

   カカオの果汁を贅沢に使用し、最適な製造工程を経て酢に仕上げることで、そのまま飲用しても、料理やお菓子に利用してもマッチする味わいに仕上がった。希少なカカオビネガーは販売前から世界的なシェフの間でも話題となっており、既にメニュー開発にも使用されているという。

   「ca ca o」3店舗(鎌倉本店、大船ルミネウィング店、ルミネ新宿店)、CHOCOLATE BANKで取り扱う。

   内容量250ミリリットル、価格は2700円(税込)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中