2020年 7月 15日 (水)

W杯ポーランド戦、暴走ファンが心配 大阪・戎橋「飛び跳ね」は極めて危険

印刷
公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   サッカー・ロシアワールドカップ(W杯)が日本国内で盛り上がるなか、心配な出来事が起きている。

   「日本代表」に関すること...ではなく、「サポーター」についてだ。大阪市の「戎(えびす)橋」にサポーターが詰めかけ、とある行為を連発。これが「極めて危険」だとして注意が呼びかけられている。

  • 戎橋(WikimediaCommonsより)
    戎橋(WikimediaCommonsより)
  • 戎橋(WikimediaCommonsより)

まるで地震、悲鳴も

   2018年6月25日に行われた日本対セネガル戦。日本代表は格上相手に2-2と引き分け、日本中が歓喜に沸いた。

   試合後、日本国内で応援していた大勢のサポーターは街に繰り出し勝利を祝福。恒例となっている東京・渋谷のスクランブル交差点のように、サポーターが大挙して押しかけた場所がある。

   大阪市中央区の道頓堀川に架かる「戎橋」もその一つ。各報道によると、約500人のサポーターが集結し、橋の上で飛び跳ねたり川に飛び込んだりしたという。日本の応援歌を合唱した際、500人が一斉に飛び跳ねたため橋が上下に振動。デイリースポーツの25日付記事によれば、

「橋が不気味に上下に揺れはじめ、各所で悲鳴があがり、地震が起こったのかと不安がる人も(いた)」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!