2018年 7月 17日 (火)

野原ひろしの超くさい靴下消臭大決戦 花王、シャープが社運かけて?ついに決着

印刷

   人気アニメ「クレヨンしんちゃん」に登場する野原ひろしの「超くさい」靴下の匂いを、セガトイズが再現。作中で「気絶するほど」だといわれるその匂いを、花王の洗剤「アタック」を使用し、シャープの洗濯機「ES-PU11B」で消臭しようと試みた対決。

   J-CASTトレンドでは2018年6月12日付の記事で報じた。そして7月2日、「野原ひろしの靴下の匂い」VS「花王・シャープ連合」の決着が着いた。

  • 「野原ひろしの靴下の匂い」VS「花王・シャープ連合」 (画像はシャープの公式ツイッターより)
    「野原ひろしの靴下の匂い」VS「花王・シャープ連合」 (画像はシャープの公式ツイッターより)

消臭前の靴下の匂いは11段階で「レベル8」

   6月、セガトイズが「東京おもちゃショー」に同様の靴下を展示したことをきっかけに、3社のツイッター上でのやりとりから発展した。7月2日、対決の模様は「#最臭決洗」のハッシュタグとともに、3社に加えて「主審」を務めたタニタ、「記録係」として参加したキングジムのツイッターで実況された。

   まず、タニタが体臭を0から10までの11段階で判定する同社製「においチェッカー」で消臭前の靴下の匂いを判定した。結果は「レベル8」。これは「非常に強い匂い」を表す。

   この靴下を、アタック液体史上最強レベルの抗菌力で消臭する「アタックNeo 抗菌EX Wパワー」を使って洗濯。洗濯後の靴下を「においチェッカー」で判定すると、今度は「レベル0」になった。

からくも勝利、だがひろしはやっぱり...

   対決後、セガの公式ツイッターが花王・シャープ連合の勝利を報告した。

「結果発表~!!
タニタ主審『においチェッカーによる判定はゼロ! そして官能評価による判定は、ややひろしを感じるものの明日は会社に履いていけるレベル!
よって、花王シャープ連合の勝利とします!!』
野原ひろしの靴下破れたり」

   だが一方で、シャープは「野原ひろしはやっぱり、最強の父ちゃんだ」と相手の強さを称えている。

「からくもアタックと洗濯機が勝利したのですが、ほんとうのこというと、洗濯後もまだ、ほのかにひろしを感じます。ひろしはまだ、いる。もう1回洗濯乾燥するのがベストだということは、ここで述べておきます」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中