2019年 11月 23日 (土)

芦田愛菜と鈴木福が7年後の「マルモリ」 後ろで「犬のムック」がエラいことに

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

「犬のムックは成長しすぎ」

   2人の成長に注目が集まる中、ツイッターでは、歌唱中の2人の後ろで歩き回る巨大な「恐竜(ティラノサウルス)」に対する指摘も相次いだ。

「犬のムックは成長しすぎだろ。いつの間にティラノサウルスになったんだよ」
「7年でムック突然変異」
「マルモリの福さんと芦田プロが成長しすぎやけど、後ろのムックも成長しすぎて恐竜みたいにデカくなっとるやん」

   歌唱中にも関わらず吠えまくるこちらのティラノサウルスが、7年で成長した犬のムックなのではないかというのだ。視聴者からは「なんともいえない光景だな」「気になってしかたないw」との声も寄せられ、関心を集めたようだ。

   番組中の説明によるとティラノサウルスは、芦田さんがナビゲーターを務めるイベント「世界一受けたい授業 THE LIVE 恐竜に会える夏!」のプロモーションで出演していたとのことだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!